• ホーム
  • アイピルにも副作用はあるの?

アイピルにも副作用はあるの?

笑顔の女性

アイピルにも副作用はあるのかですが、これは飲む女性側には重要なことです。
緊急避妊薬と申しますのは、モーニングアフターピルとも言われますし、緊急避妊ピルとも呼ばれます。
コンドームの破損のミスや、避妊なしでの性交渉で望まない妊娠を避けるため、緊急の服用になります。
緊急避妊薬であるアイピルは、国内のみではなく、世界も使われている緊急避妊薬です。
医薬品の配合成分のメインはレボノルゲストレルであり、ホルモンバランスを意図的に乱して、受精後の着床を防ぐ効果を発揮します。
アイピルは効果が高いものですが、服用に関しての副作用もあります。
アイピル服用の副作用としましては、頭痛や吐き気、倦怠感や下腹部の痛み、不正子宮出血や胸の違和感なども出てくることもあります。
服用をして吐き気を感じやすくなるので、空っぽの胃袋に薬を入れるのではなく、食後に服用をするのがいいでしょう。
副作用の不調はいつまでも続くものではなく、服用をしてから1日から2日ほどで、体調不良は収まることになります。
ただ、もしも体調不良が長引くときには、処方を受けた病院でお医者さんに相談をすることです。
黄体ホルモン剤として働くレボノルゲストレルは、服用をして子宮内膜をはがすので、受精卵の着床を阻止します。
効果的なのは性行後の、72時間以内の服用になります。
ですが服用は、早いほどに結果を出しやすくなりますので、避妊の成功率は高くなります。
服用の注意事項もあり、もしもすでに妊娠している可能性があるときには、お薬の服用はできません。
強い成分を含みますので、お腹の胎児に悪影響をもたらすことになります。
そしてピルの医薬品は、中絶薬ではないですから、中絶薬のような作用もありません。
なにかほかにも服用中の医薬品がある場合は、処方を受けるときにお医者さんに伝える必要があります。

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ