• ホーム
  • アイピルと殺精子剤と外来の関係

アイピルと殺精子剤と外来の関係

茶色のカプセル

アイピルとは、モーニングピルのことであり、このモーニングピル、つまりアイピルには、殺精子剤の役割が含まれています。
通常、アイピルをもらうことが出来るのは、外来医院などです。
そのため、アイピルが必要になるケース、性交渉などで妊娠した可能性が高い時には、緊急外来などを訪れて、アイピルを手に入れる必要があります。
モーニングピルとも呼ばれているように、アイピルに関しては、妊娠が成立した可能性が分かった時点で、極力早く、少なくても72時間以内に飲むことが前提とされています。
その72時間を超えてしまった後に、服用をしても、効果は一定以上はあるものの、殺精子剤としての役割は薄くなってしまい、同時に、妊娠を止められない可能性が高くなってしまいます。
また、副作用としては、ピルを飲んだことがある人ならば分かるものですが、吐き気や倦怠感などがあると同時に、風邪っぽい発熱が続きます。
これは、アイピルが女性ホルモンと深い関係があり、もともと、ピルが女性ホルモンのバランスなどを調整などをすることで、更年期障害などを治すことと同じように、アイピルによっては、妊娠が成立しないように、殺精子剤が使われているからだとされています。
このように、外来でしか、入手ができないものとなっているため、24時間診察を行っている病院などに駆け込み、望まない妊娠であれば、可能な限り早く、そしてしっかりと用法を守って、飲むこと、また、ピルの管理をしっかりと行うことが必須となってきます。
もし、間違えて飲んでしまうと、強い倦怠感だけでなく、酷い障害が出てしまうケースもあるため、必ず医療機関を訪れ、しっかりとした説明を受けてから飲む必要があります。

人気記事一覧