色々な薬

性行為を行えば、妊娠してしまう可能性があります。
それは排卵日を過ぎた安全日だと言われる日でも、コンドームをつけて避妊はしっかりと行っているという場合でも、ホルモンバランスが崩れてしまったりコンドームが破れてしまったなどの理由で妊娠してしまう可能性はゼロだとは言えません。
実際にコンドームを使って避妊をしていても外れたり破れたりして約2割の人は妊娠してしまうと言われています。
望まない妊娠を防ぐためには万が一の事態に備えてアイピルを持っておくと良いでしょう。
アイピルは避妊に失敗したり、コンドームを付けずに性行為を行ってしまった時に望まない妊娠をしてしまわないようにすることができるものです。
服用することで一時的に排卵前なら排卵のタイミングを遅らせたり、子宮内膜を剥がして受精卵が着床できないようにしたり、子宮内の粘膜の粘度を上げることで精子が子宮内で動きにくくなるようにするという効果で妊娠を防ぐことができます。
アイピルは避妊に失敗してから72時間以内に飲むことで効果を発揮するのですが、72時間以内に飲んでも場合によっては妊娠してしまう可能性があります。
妊娠してから飲んでも効果は期待できないので、なるべく早めに飲まなければいけません。
しかし日本でアイピルを購入することができるのは病院だけのため、夜間や休日が重なると飲むタイミングが遅くなってしまう可能性があります。
そんな心配をしないように海外から個人輸入という形でアイピルを購入して普段から持ち歩いておけば、避妊に失敗してもすぐに飲むことができるので妊娠する確率が低下して安心することができます。
手軽でお得にアイピルを通販で入手し、自分の身を守るためにいつでも持ち歩くようにしましょう。